検索
アーカイブ

大人の京都にふれてみたいです

京都には、いまから30年くらい前に小学校の修学旅行で行ったくらいで、若い時にはあまり興味がありませんでした。行き先は平安神宮と金閣寺、清水寺だったでしょうか。

テレビでよく見るメジャーな京都。でも、私の記憶の中には、友人とお土産物を買っていた事くらいしか覚えていません。40歳を過ぎて、子育てもひと段落。自分の自由な時間も持てるようになりました。

にぎやかなテーマパークや、家族でのんびり温泉、なんてコースもありましたが、今はゆっくりひとりで、京都の神社仏閣、街並みや四季の美しさを感じに行ってみたいです。

絢爛豪華な金閣寺よりも、銀閣寺の侘び寂びを。大勢の観光客で賑わう平安神宮よりも、街から少し離れた大原三千院でひとり静かに。地元の人しか訪れない小さなお寺や、街の路地、そんな場所も歩いてみたいです。

仏像の姿や庭の趣、きっと今なら、そうした一つ一つもゆっくりと時間をかけてみることができるし、心に感じるものも、若い時とは違うでしょう。食事も、湯豆腐やおばんざいだけではなく、お寺の精進料理や京野菜を味わってみたい。

家事や育児追われていた生活から離れ、非日常的な静寂の中にひとり身を置き、心も体もリセットできると思います。

将来がどうなるかわからない不安

最近、私は将来の不安を抱えています。なぜ将来の不安を抱えているかといいますと、私は現在大学生なのですが、今後の人生がどうなっていくかまったく予想がつかないからです。

高校生の時は、高校を卒業をしたら大学に行くという明確な目標があったのですが、大学生となった今は、この先はどうなっていくかわかりません、普通ならば就職するということになりますが、就職というのは大学受験とは違って、勉強をすればかならず就職をすることができるというわけではありません。

私の大学が有名な大学ならよかったのですが、そういうわけではないので就職ができるとは限らなくなっています。

もし、この先良い場所に就職したいと思ったら、私の学歴では良いところには就職できそうにもありませんから、大学を変えるしか道はないのではと考えてしまいます。ですが、簡単に大学を変えるということも難しいでしょう。転入ということになりますが、転入のほうが、入学よりも難易度が高いと聞きます。

それならば、入学するために入試を受け直せばいいのかもしれませんが、もうすでに遅いことでしょう。今の私は、お先真っ暗という気持ちでしかないのです。この不安を取り払うことができれば、良いのですがどうすれば取り払うことができるのでしょう。

カテゴリー
お気に入り